Unilateral Curious

一方通行な好奇心の数だけアウトプットをしよう

貧乏人が格安simにしないのではなく、貧乏だから格安simにできない人なのだと思う

かなり煽ったタイトルになりましたが、わたしもその貧乏人の一人です。(Softbankキャリアですし。)

なぜこのようなタイトルにしたのかというと、こんな記事を読んだからです。

just4youcom.hatenablog.com

この記事を超簡潔にまとめると「格安simはめっちゃいいのに、なんでみんな変えないの?お金ない人ほどやったほうがいいのに!」ということだと思うのですが、貧乏な人は格安simにしないのではなく、貧乏だからできないというのが私の考えです。

そう考える理由としては「学習コストが高い」「クレジットカード払いしかない」の2つです。

学習コストが高い

id:just4youcom さんも述べていますが、格安simの手続きはめんどうで、料金プランなんか一般的にわかりやすいとはいえないものになっています。

docomoSoftbankの手続きでさえよくわからないままに契約しているのに、格安simになるとデータ通信量や通信速度によってプランが分かれていたりするので、まずそれについて学んで、比較するまでのハードルが非常に高いんですよね。

「インターネットのサイトをみても、GBやmbpsとかワケのわからない単位で比較されているのでよく分からない。だったら、今のままで問題なく使えているんだし変えなくていいや。」

という思考になってしまっているんだと思うんですよ。

なので、ただ安いことだけを伝えても分からないものは怖いし、その学習コストよりは変化を求めないという選択してしまうんですね。

支払い方法が原則クレジットカードのみ

格安simのほとんどはクレジットカード払いしかありません。Y!mobileには口座振替もありますが、口座振替すら用意している格安simは非常に少ないんです。

貧乏人だからクレジットカードを持っていないということだけではなく、ここで言いたいのは貧乏人は口座にお金がなくても自動で引き落とされてしまうことを嫌うということです。

口座振替であれば、銀行にお金がなくて支払いができなくてもギリギリまでまってもらえるんですね。貧乏だと携帯の支払いよりも優先したい支払いがたくさんあります。

なので、できれば現金管理で支払いを遅らせる手段を取りたいという考えが先行していると思うんです。

www.softbank.jp

 

格安simが普及するかどうかはメルカリがヒントになる

貧乏人ってアホではないんですよね。メルカリとかを見ていると、お金にする発想力は外資コンサルタントよりも優れているところがあるなーと感心しますし。

ただ彼らがそういう力を発揮するには、非常にシンプルな場が必要だと感じます。

メルカリなら何でも写真とって金額決めれば勝手に売れるし、声をかければ安値で買えるというシンプルな設計が、貧乏人の思考を活発にさせたと思いますし。

 

もし今後格安simが普及するとしたら、LINEモバイルのようにSNSがタダになるとか、そういうシンプルな訴求内容やプランだと思います。

mbpsとかGBとか実はあまり重要ではなく(それらを理解できる人には重要ですが)、もっとシンプルにこれをすると電話料金がかからない(LINE)、ご飯の写真をシェアすると反応もらえる(SNS)のように考えなくても満足させてもらえる設計なのかなと。

 

ただ、これって社会的にはすごく恐ろしいことで、というか今の自然な流れになりつつありますが、利用させる側と利用する側の格差がより一層広がるということでもあるんですよね。

なので、なんの目的もなく書き始めてしまったので、とくにまとめも考えてなかったのですが、乱暴にまとめてしまうと、

みんな、もっと勉強しよう。

f:id:goripom4:20161025105828p:plain

ということです。

 

 

こちらからは以上です。

広告を非表示にする