読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unilateral Curious

一方通行な好奇心の数だけアウトプットをしよう

インターン希望者に覚えておいて欲しいこと

雑談 人事

所属する会社(以後、弊社)ではインターン募集サイトに掲載しており、毎月インターンの受け入れをしている。(もちろん有給)

しかし、インターン応募してくる学生の中には「う〜ん」と言わざるを得ない諸学生が見受けられる。

 

f:id:goripom4:20161025103919p:plain

何が困るかというと、アルバイト応募であれば「お金が欲しい」というモチベーションで訪れるため、「いくら稼ぎたいか」で同意形成ができるのだが、インターン応募してくる学生は「何かを学びたい」というモチベーションで訪れるため、受け身かつ業務への責任感が薄いのが特徴だ。(これは会社側の裁量によるところもあると思う)

企業は現状の労働者確保でインターンを受け入れるのはもちろん、(少なくとも弊社は)将来の正社員採用(新卒採用)候補として受け入れているので、学生には本気で、真面目に取り組んで欲しいし、そういう姿勢で応募してきて欲しい。

ここではそんな学生諸君のために、僭越ながら、いくつか申し上げておきたいことがあるので、聞いて欲しい。

 

応募返信を無視するな

f:id:goripom4:20161025104027p:plain

応募しておいて、こちらからの返信に無視するようなことはしないで欲しい。会社発信のメールを無視するのは構わないが、そちらからインターンとして応募してきたのであれば、やり取りを継続するにしろ、しないにせよ、クローズさせる責任は学生側にある。有耶無耶のまま逃げるんじゃない。

新卒一括採用もそうだが、複数の企業(数十社、数百社)に申し込むやつの気が知れない。

 

面接をすっぽかすな

f:id:goripom4:20161025104549p:plain

応募しておいて、メールに返信しないのは百歩譲ってまだ許せるが、面接の日時まで決めておきながら、当日になって何の連絡もなくすっぽかすような学生は、ブラックリストにしてもいいと思う。

ECサイトやモールには会員のブラックリストを共有する機能があるが、インターン採用媒体や各企業はこのような学生のリストを学生課と企業の人事で共有したほうがいいんじゃないかと思う。

学生側も、自分の名前だけではなく、大学の名前を背負って応募しているわけだから、そのあたりはちゃんと責任持った行動をした方がいいと思うよ。都市伝説かも知れないけど、就職活動が不利になっているかもよ。

 

やりたいことがあるならやれ

f:id:goripom4:20161025104951p:plain

実は面接まで来てくれる人が少数なので、実際に来てくれるとすごく嬉しい。けれど、ここでも学生に注文しておきたいのだが、僕はよく下記のようなありきたりな質問をする。

僕「やりたいことは?インターンで得たいことはありますか?」

学「ライターになりたいです。」

僕「じゃ、本読んだりブログ書いたり、何か今していること、努力していることはありますか?」

学「いえ、今は何もやっていません。」

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

「いや、やれよ(笑)」

 と思ってしまうのは、僕だけだろうか。やりたいのなら、なぜ今それに向けた行動をしていないのか、イマイチ理解できないでいる。

 

学費を払うぐらいの覚悟で来い

f:id:goripom4:20161025105828p:plain

やりたいことはあるのに、今は何もやっていない学生のほとんどは、インターン先で学びたいことについてすごく伝えてくる。僕も学んでほしいし、成長して欲しい。だが、それはあくまでも成果の見返りだということは、肝に銘じておいて欲しいと思う。

ただ学びに来たいのならば、大学に学費を払っているように、企業にも学費を払ったらどうなのか?会社は給与を与えて「勉強になりました」という反応を期待しているわけではない。インターンで学びたいのなら、学費を払うくらいの覚悟で、ぜひ応募して欲しい。

 

インターンは複数社で働け

f:id:goripom4:20161025110616p:plain

「他のインターン先が決まってしまったので、辞退 / 辞めます」というインターンも少なくないのだが、個人的には複数社で働けばよくない?と思う。

正社員として契約してしまうと、副業の関係(今は規制緩和の方向で動いているが)で他社で働ける機会はだいぶ減ってしまう。学生の内に、多業界・業種で働ける機会は作っておいたほうが、その後の進路にプラスになると思っている。

 

それでもありがとう

f:id:goripom4:20161025111044p:plain

偉そうなことをつらつら述べてきたが、インターンのみんなには本当に感謝している。特に、過去にインターンで働いてくれた皆にはことさら感謝している。

  • 会社規模も小さくて、今ほど良い条件を出せなかったにも関わらず頑張ってくれた人
  • 「無給でもいいっす」といいながら、頑張ってくれた人
  • マネジメント経験が浅い僕のディレクションにも真面目に応えてくれようとした人

など、当時は僕もどのように動機づけさせればいいのか、どのように動かせば良いのかわからなくて、たくさん混乱させただろうし、嫌な思いもさせたこともあると思う。けれど、それでも頑張ってくれたインターンの皆の協力もあって、会社も徐々に大きくなって(本当に微々たる成長だけど)、今があると思っている。

今日もインターンが会社の仕事を頑張ってくれているけれど、こうやって会社は大きくなるんだなーと実感中である。巣立った?辞めていった?インターンは、それぞれの進路で頑張っていると思うし、実際に活躍しているという伝聞も届く。もし嫌われていなかったら、僕も成長した姿を見せて、いつか一緒に仕事が出来ればいいなーと思っている。

 

もし弊社のインターンに応募してこようとする学生は、是非、最低限のマナーを持って、真剣に取り組んでくれることを望んでいる。もし会う機会があれば、色々とよろしくね!

広告を非表示にする