読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unilateral Curious

一方通行な好奇心の数だけアウトプットをしよう

"職業"を持つこと

疲れ切って家に帰ってきて、何気なくテレビをつけると、プロフェッショナルの流儀が放送されていた。この番組を観るのは久しぶりだったのだが、今回クローズアップされたデザインーの皆川明氏の言葉に感銘を受けた。

文脈の一部なので伝わらないかもしれないが、こんな感じのようなことをおっしゃっていた。すごく曖昧だけど。

「楽しい、楽しくない。上手くいく、上手くいかない。どちらにしても、今の職業を辞めるつもりもないし。全て飲み込みながら続けて行くこと。」

www.nhk.or.jp

 

自分の職業は何だろう。

何もなくなったとき、裸一貫になったとき、自分のアイディンティティはなんだろう。

何事にも左右されずに、今の自分を語れるものは何だろう。

 

それが"職業"と呼べるものなのかもしれない。

そんなことを考えさせられた、メッセージだった。

広告を非表示にする