読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unilateral Curious

一方通行な好奇心の数だけアウトプットをしよう

ネガティブな人はGoogle日本語入力を使うべき

夜も更けてくると、僕のようにネガティブな人はいろいろ考えてしまい、なかなか寝付けないという人も多いのではないだろうか?僕は、よく「窓ガラスを割って殺人犯が入ってきたらどうしよう(´・ω・`)」とか思ってしまい、脳内で対処法をシミュレートして時間を無駄に過ごしてしまう。

 

f:id:goripom4:20161015030349j:plain

 

ネガティブな人の中には「明日会社嫌だわー(´・ω・`)」とか「人間関係つらたん(´・ω・`)」など、ネガティブに塞ぎ込んでしまう人もいるかもしれない。

僕もネガティブな人間として、落ち込む(あるいは不快な)気分に苦慮していた1人なのだが、パソコンにGoogle日本語入力をインストールして"あることを意識"するようになってからというもの、やること全てポジティブに捉え、取り組めるようになった。今回はその方法を紹介したい。

なお、普段からパソコンをあまり使わない人ならば、スマホで十分対応できるので、気付かぬうちにその効果を得ているのかもしれない。

 

Google日本語入力をインストールする前に

Google日本語入力を入れずともさいしょにできることをまず紹介する。

至ってシンプルなのだが、それはパソコンで打ち込む文章全ての文末を「!」で終わらせることだ。

例えば、

「はい!かしこまりました!」

「何卒よろしくお願い致します!」

「おおおお!すごいですね!」

「この方法はいかがでしょうか!意見ください!」

基本的に社内メールや社内メッセで使用し、クライアントに対して多用しないこと

 

これだけで幾分かポジティブになる。しかし、これを続けすぎると、徐々に空元気であることに気付き始め、一気に疲れてしまう。そこで、Google日本語入力の登場である。

 

Google日本語入力にある、豊富な"あれ"

Google日本語入力にある、豊富なあれ とは、顔文字 のことである。(΄◉◞౪◟◉`)

顔文字を辞書登録してもいいのだが、Google日本語入力をインストールした方が早いし、楽だからいい。(*´ω`*)

この豊富な顔文字 を使うことによって、ポジティブな精神状態を保てるようになるのである。使い方としては、「!」と同じである。つまり、全ての文末に顔文字を使うというものだ。(´・ω・`)

先程の例と同じものをつかうと、

「はい!かしこまりました!(((((((((((っ・ω・)っ ブーン」

「何卒よろしくお願い致します!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ」

「おおおお!すごいですね!Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!」

「この方法はいかがでしょうか!意見ください!(ヾノ・∀・`)ナイナイ」

基本的に社内メールや社内メッセで使用し、クライアントに対して多用しないこと

 

「!」と異なるのは、例え空元気だったとしても、顔文字を使った本人に癒やしの効果をもたらしてくれるので、心に安らぎ(余裕)を作れることだ。そのため、「!」と顔文字を多用することによって、常にポジティブな状態をキープすることが出来るということが判明した。ლ(´ڡ`ლ)

※個人差があるかもしれない。

 

僕自信、Google日本語入力は前から使っていたとはいえ、顔文字の豊富さに気づいたのは、ほんのつい最近だった。そしてここ1週間ほど多用するようになってから、仕事への取り組み方がだいぶ変わった。まるで3年前の自分を取り戻したかのようだ。パズドラをする時間も減った。(´ε` )

 

もしネガティブ思考でもやもやしている人がいたら、さっそくGoogle日本語入力、400種類以上の顔文字を使い倒してみたらいかがだろうか?

(なお、このブログはiPhoneから投稿したものである)

広告を非表示にする