Unilateral Curious

一方通行な好奇心の数だけアウトプットをしよう

初めて宇都宮に行ってきた。大谷資料館はマジで凄かった

宇都宮に勉強会があるという話を聞いて、勉強会に参加する人に付いていく形で、初めて宇都宮に上陸してきた。つまり、ただ宇都宮に行ってきたという話を日記にする。

 

f:id:goripom4:20160926182353j:plain

flickrぽい写真だが、僕がiPhoneで撮影した

実は、宇都宮には前から訪れてみたいと思っていた。

なぜなら、今から数年前に石材を販売しているEC事業者を知り合って、その時の商材勉強を軽くしていたら、大谷石宇都宮市にある大谷町に採石場があったことからその名前が付いたということを学んで、一度は大谷資料館を見学してみたいなーという好奇心を持っていたからだ。ちなみに、御影石には神戸市の御影石町に採石場があったことがその由来。

 

とりあえず餃子を食べる

f:id:goripom4:20160926183626j:plain

とは言いつつ、宇都宮といえば餃子。着いたのがお昼ということもあり、今回は正嗣ではなく、メニューにライスもあるみんみん 本店の餃子を食べてきた。

www.minmin.co.jp

 

2人で1,000円という驚きの安さ

f:id:goripom4:20160926183745j:plain

焼餃子を2枚、揚餃子を1枚、ライス2つを注文して890円(税抜)という驚きの安さ。安すぎてびっくりした。

それ以上に驚くのは、餃子の焼きから揚げ、茹でまで全て1人でこなしているスーパーシェフ(男性)。ホールのおばちゃんが読み上げるオーダーを全て頭に入れて、順に餃子を提供しているのが凄かった。餃子そのものよりも、厨房に感動した。

 

みんみんの餃子はおいしいけれど、

f:id:goripom4:20160926184318j:plain

人によって評価が分かれると思ったのが、下味の濃さ。

僕は日頃から薄味派なので、下味が濃すぎず、化学調味料も控えめ(もしくは使っていない?)なみんみんの餃子は好き。けれど、冷凍食品のような餃子(これも美味しいよね!)を好んで食べる人にとっては、少し物足りないかもしれない。濃いめが好きなら、後述の青源がいいかも。

 

いざ、目的の大谷資料館へ

f:id:goripom4:20160926184722j:plain

大谷資料館横には小洒落た雑貨店兼カフェがあった

大谷資料館にある地下空間はカメラ撮影がOKだったので、THETA Sで遊んできた。その時の全天球イメージ(360度写真)は、g.o.a.t大谷資料館の地下空間 - Unilateral Curious - g.o.a.t)にまとめたので見て貰えれば嬉しい。

自分で言うのも憚れるが、それなりに面白い画像が見れると思う。大谷資料館は面白い場所だったので、おすすめ。

大谷資料館の地下空間 - Unilateral Curious - g.o.a.t

 

夜ご飯も餃子

最初はムナカタという、おしゃれなお店にいこうと思ったのだが予約が一杯で断念。

www.tochinavi.net

路頭に迷った挙句、夜ご飯も餃子を食べようということになった。

 

青源のネギ味噌餃子

f:id:goripom4:20160926185933j:plain

食べに来たのは、青源という味噌の会社が営業している餃子のお店。以前に、宇都宮のお土産として青源が作る餃子の味噌ダレをもらっていて、それが美味しかったから実際に食べに来た。

餃子はいつも食べている餃子という感じで、結構馴染みのある感じ。お土産用の冷凍餃子も売っているからか、冷凍食品の餃子に近い。美味いが、味噌汁や味噌ダレが濃すぎてて、食べ過ぎには注意したい感じだった。

 

雑感

栃木って宇都宮の他に、日光、那須、鬼怒川など自然に溢れた観光地がたくさんあって、いい場所だと思う。この中で、那須だけ行ったことがないので、今度行ってみたいなー。

 

 

大谷資料館で使ったTEATA S 

広告を非表示にする