読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unilateral Curious

一方通行な好奇心の数だけアウトプットをしよう

Tera VR BOXというヘッドセットを使ってみました

今年というか、今年度になってVR(仮想現実)の話題が多くなってきたように思います。FacebookでもRICOHのThetaで撮影した天体球投稿をする人が増えていますし。

僕は昨年末にハコスコを購入して、以前におすすめの動画のVR動画をまとめたんですよね。

empty-of-mind.hateblo.jp

 

ただ、ハコスコの難点って両手を塞がれてしまうことにあると思うんです。両手(片手でもできるけど)でハコスコを持っていなければいないので……。

それで、たまたまなんですが、先輩がTera VR BOXのVRヘッドセットというものを、ある日貸してくれたんですよね。早速使ってみると、その使い勝手に感動してしまいました。

Tera VR BOXというヘッドセットを使ってみた

f:id:goripom4:20160702193604j:plain

見た目はこんな感じです。少し安っぽく見えますが、ハコスコのダンボールと比べると幾分かはそれっぽい見た目だとは思います。

 

スマホをセットするだけ

f:id:goripom4:20160702201206j:plain

スマホで体感したい動画を再生したら、それを上の写真のようにセットして差し込むだけです。1つの動画だけを楽しむのならばこれでいいのですが、なかには複数の動画を連続してみたい人もいると思います。そういう人は、予めBluetooth接続でスマホを操作できるリモコンを別に購入しておくといいと思います。

 

焦点距離も変えられるが……

f:id:goripom4:20160702202159g:plain

動画を見る際の焦点距離は、写真のように、2つのレンズそれぞれを上下左右に動かして調整することができます。しかし、VR BOXは複眼(2眼)専用みたいです。

 

単眼・複眼の違いについては、ハコスコのアプリで切り替えられるようになっておりますので、スクショで比べてみました。(全天球水中ニーソより)

簡単に言うと、2つのレンズそれぞれに画像を映し出すということです。ハコスコアプリなら、切り替えられるので便利だと思いました。

f:id:goripom4:20160702203444j:plain

 

VRに没入する方法を考えた

VR BOXの説明はこのぐらいの浅い内容で終えるとして、もっとVRの世界に没入する方法がないかなと考えたんですよね。そしたら、以前に買っていた、あの枕が役に立つんじゃないかと思い立ちました。

それは、オーストリッチピローという、頭からすっぽりかぶる枕です。ちなみに2万円弱するやつです……。そんなに高いのにほぼ使ってこなかったんですが、とうとう役に立つ日がきたようです。 

 オーストリッチピローをかぶって、VR BOXをその上からつけると、すごい密室感があることが判明したんです。こんな感じです。ついでに写真を加工して、さらに異世界にいるような感じにしました。f:id:goripom4:20160702205046j:plain

これはなかなかに楽しい使い方を発見してしまったようです。ただ、夏場は向きませんけどね。

 

広告を非表示にする