読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unilateral Curious

一方通行な好奇心の数だけアウトプットをしよう

潰瘍性大腸炎の私に代わって、次元大介氏に注腸薬の使い方を説明してもらう

4月1日に症状を抑えるためにペンタサの注腸薬に変わったことを過去のブログに書いたのだが、実際に注腸薬を使ってみたところ効果は抜群だった。

empty-of-mind.hateblo.jp

 

けれども、毎回肛門の奥まで突っ込んで100mlの液体をぶっ込むのは、精神的に疲れる。おそらく、私以上に精神的にストレスを感じている人も多いことだろう。また、潰瘍性大腸炎は国の難病に指定されているものの、1,000人に1人が罹患している(人口10万人あたり100人程度)らしく、いつ誰が罹患してもおかしくはない。

そこで、もし潰瘍性大腸炎に罹患してしまった時のために、注腸薬を肛門にぶっ込む方法を次元大穴氏に説明してもらおうと思う。ただし、この情報が参考にならないことを望む。(諸氏の健康を祈っている)

 

銃(注腸)ってのはな、撃った数じゃねぇんだよ by 次元大介

f:id:goripom4:20160423220036j:plain

(ここからは次元大介の声をイメージしてお読みください。イメージできない人は、こちらの動画で思い出してください)

 

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「早速だが、おめえの拳銃を見せてみな。」

 

ベレッタ(ペンタサ)96FS(注腸薬100ml)

f:id:goripom4:20160423225739j:plain

(右下は袋から取り出したもの。大きさはiPhone6+程度) 

 

 

f:id:goripom4:20160423224422j:plain

(肛門にぶっ込む先は半分にした割り箸程度)

 

 

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「ほう、なかなかいいモン持ってんじゃねえか。それを、おめえ、上手く扱えるのか?」

 

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「なにぃ?『俺は若いし、覚えるのも早い』だあ?」

 

 

「おっさんなめんじゃねーぞ、仕事はスマートにやらなきゃなあ!」

f:id:goripom4:20160423230345j:plain

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「しょうがねえな、先に俺の拳銃を見せてやるぜ。」

 

 

 

f:id:goripom4:20160423231255j:plain

f:id:goripom4:20160423224740j:plain 

「S&W M19 コンバット・マグナム(注腸薬)だ。」

 

 

 

f:id:goripom4:20160423231302j:plain

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「ガキの頃に縁日の射的で、あと1発のところで弾(座薬)がなくなって泣き顔を見たことがあるからな、弾は大事にするこったな。」

  

 

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「準備は出来たか?ここからが本番だ。」

 

 

自分を大切にするから、他人にも優しくなれるんだ

f:id:goripom4:20160423233003j:plain

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「まずは、左向きに横たわれ。銃口にワセリンを塗ったら、ゆっくり肛門に突っ込むんんだ。」

 

 

 

f:id:goripom4:20160423232653j:plain

 f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「多少痛いかもしれないが、ゆっくり奥に突っ込め。」

 

 

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「引き金に指をかけろ。(注腸薬を握りしめる)」

 

 

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「今だ、撃て!(握って薬液を注入する)

 

f:id:goripom4:20160423234424p:plain

 

 

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「上出来だ。そのまま1分くらい横になってろ。(そのまま左向きで安静にする)」

 

 

 

f:id:goripom4:20160423234628j:plain

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「決して降伏してるわけじゃねえぞ。このまま1分間うつ伏せで隠れてろ。(うつ伏せで1分間ほど安静にする)」

 

 

 

f:id:goripom4:20160423234822j:plain

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「また左向きになって様子を見るんだ。(左向きに戻って、また1分間安静にする)」

 

 

 

f:id:goripom4:20160423234936j:plain

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「あと少しだ。次は仰向けで、あとの酒のことでも考えてるんだな。(上を向いて1分間ほど安静にする)」

 

 

 

f:id:goripom4:20160423235552j:plain

f:id:goripom4:20160423224740j:plain

「これで最後だ。右向きでゆっくりすれば終わりだ。(右を向いて1分間ほど安静にする)」

 

(左→うつ伏せ→左→仰向け→右と動くのは、腸の動きに沿って薬液が流れるようにです)

 

俺は神様が出てくる話は信用しねえことにしてるんだ by 次元大介

潰瘍性大腸炎は完治がない(症状がなくなる寛解期はある)病気だ。これからもずっと付き合っていくことを考えれば、いつか治るよりも治す努力をしながら、前向きに付き合い方を考えていこうと思う。

ただ、どうしても社会で生きていく上で不便なことも多いのは事実だ。例えば、トイレ回数が多くなるため、症状がひどい時は外出が厳しい時もある。(トイレ頻度が短く、漏れる)そのため、公衆トイレ環境だったり、会社内での理解が必要になることもある。

何人が見てくれるかわからないけれども、こういう病気もあるんだというきっかけになってくれれば嬉しい。

 

 

最後に一言愚痴だけ。毎月の診察や薬代で1〜2万円消えるので、お財布事情が辛い……。(苦笑)

広告を非表示にする