Unilateral Curious

一方通行な好奇心の数だけアウトプットをしよう

お得かつ簡単にVRを楽しめる2つのオススメを紹介する

オキュラスリフトが騒がれていた時から気になっていたVR。最近はTHETAやKodak SP360など天体撮影が出来るカメラもも増えてきて、撮る楽しさも増えて嬉しい限り。ただし、これらの機材は価格も張る上に、利用頻度が高くないため、正直コスパが良くないはず。

 

そこで、何かいい方法はないかと調べていたら、手頃に撮影やVRを楽しめる方法がいくつかあったので、実際に使ってみたものを紹介したい。

 

f:id:goripom4:20151101142854j:plain

去年初めて見た田んぼアート

THETAは販売価格の1/10でレンタルする

RICOHが販売しているthetaは360度の天体撮影が出来るカメラで、巷で人気のカメラだ。Amazonの販売価格を見ると、

  • THETA m15は30,385円
  • THETA Sは38,520円

ほどするが、Rentioというレンタルサービスだと3泊4日3,480円で使い倒すことができる。昨年は週末にあった結婚式に合わせて、レンタルサービスを利用した。

[レンタル] RICOH THETA m15 レンタル

 

結婚式の写真掲載は控えるが、練習用に撮影した写真を公開する。THETA m15で撮影したものだが、東京駅前にある丸ビルと新丸ビルに挟まれた場所で、天体写真を撮影してみた。THETA Sで撮影すれば、イメージセンサーもレンズもパワーアップしているのでもう少し高画質になると思う。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

THETAで撮影したデータはクラウドで保存

THETAはtheta360.comのサイトで、撮影した写真や動画を保存することができる。先ほどのEmbedもこのサービスに保存することで、簡単に利用することができる。

レンタルの場合、データの消し忘れによるプライバシーを気にする人もいるだろうが、基本的にはアプリとWiFi接続したモバイル端末を利用するため、THETA本体にデータが残ることもないので安心である。

theta360.com

 

手軽にVRを見れるハコスコを購入する

ハコスコはダンボールで出来たグラスとスマホアプリを組み合わせることで、VR映像もしくは静止画を見れるというもの。モノがダンボールで出来ているため、販売価格も1,000円前後と激安。私はiPhone6 Plusを保有していたため、ハコスコ+を購入した。

jp.techcrunch.com

 

THETAで撮影した静止画や動画をスマホで表示したまま、ハコスコにセットして覗くと簡単にVRを体験することができる。

正直、ハコスコのアプリの完成度は低いが、1,000円で楽しむには十分に満足できるものだと思う。なぜなら、ハコスコのアプリ内には、他のユーザーによって天体動画なども既にアップロードされているので、自身で撮影しなくても楽しむことができる。

THETAを使って自分で撮りたい映像をVRで体験するもよし、とりあえずはハコスコだけで手軽にVRを体験するもよし。どちらにしても5,000円かけずに楽しむことができる。

ちなみに3D映画も見たことのない後輩に使わせた時、腰を抜かすぐらいに驚き、興奮していた。かなり面白いので、オススメだ。

広告を非表示にする